記帳機械化制度

記帳機械化制度とは

商工会では記帳処理の代行を、記帳専任職員等を設置して、パソコンで行っています。その日の売上げや仕入を所定の用紙に記入するだけで、各種の帳票やデータを作成します。もちろん、データは責任をもって管理、秘密保持も万全です。記帳機械化手数料がかかります。

記帳機械化の手順

(1)商工会でお申込み

代行業務に関する手数料(第3条関係)

項目 手数料 支払期限 支払条件
毎月の記帳代行業務手数料 5,400円(※) 毎月末締め翌月末但し1~3月分は4月末 1.自動振替

2.振込

3.持参払い

のいずれか

事務経費(年間用紙代等) 5,400円(※) 3月20日
決算処理(年間代行利用者のみ) 5,400円(※)
不動産決算処理 5,400円(※)
消費税決算処理 5,400円(※)

(※)運営規約第60条別表5(平成17年6月17日制定)に定めのある手数料(消費税込)

代行を委託できる方

法人の方は利用出来ません。
商工会の会員にかぎります。

 

(2)帳簿開始の準備

帳簿のある方・・・申込み時点での貸借対照表、損益計算書の提出をお願いします。
帳簿のない方・・・事業の資産、負債等の状況を把握するために事業状況を伺います。

 

(3)毎月の資料を提出

事業に関する売上、仕入、経費の状況を、現金出納帳及び振替帳に記入して保管、一カ月分を翌月に商工会へ提出。

 

(4)商工会にて帳簿の作成

パソコンで一カ月分のデータを入力処理し帳簿を作成。

 

(5)帳簿をお届け

総勘定元帳、貸借対照表、損益計算書、損益分岐点分析など
2年目より、前年度との比較を確認できます。

記帳機械化事業の流れ

記帳機械化流れ

 


資金繰り/融資斡旋

国・埼玉県・和光市の低利融資のご紹介から斡旋案内

創業サポート

創業に関する支援情報等

確定申告サポート

個人事業主の記帳から決算書作成など経理・税理指導

経営サポート

経営診断・経営革新・技術指導、創業などの相談に専門家を派遣しサポート!

労働保険事務代行

厚生労働大臣の認可を受け労災・雇用保険事務手続きを代行します

商工会の共済制度

もしもの時の備えに、商工貯蓄共済・退職共済・火災・生命・自動車・PL保険等の各種共済制度のご案内

健康診断

従業員・経営者の健康管理のための各種健康診断案内

福利厚生・会員特典

豊島園格安チケット販売やサンアゼリア・シダックスなどの割引制度のご案内

事業系ごみ

事業系ごみの取扱いやごみシール取扱い店のご案内

安心!会員専門家紹介

弁護士・税理士・社会保険労務士・司法書士・行政書士などの紹介。相談会あり

和光市企業市民認定制度

地域の社会活動を行う企業を企業市民として市役所が認定を行う制度です。

和光市認定支援機関連携体

地域の事業所を認定支援機関の連携チームが支援します。

Copyright© 2014 和光市商工会 All Rights Reserved.